SNSで情報発信していること

SNSで情報発信していることと言えば

SNSで情報発信していることと言えば、例えば、mixiやフェイスブックで友人を作り、あらゆる情報交換をすることであろうか。単に、故郷の田舎の名物料理を自慢し合える事だろうか。何となく他人とコミュニケーションを取り、何気なくその人の事を理解している自分がそこにある。可笑しな事だが、個人の情報管理が煩く為って来た最近だからこそ、しっかりプライバシー管理されるSNSで、赤の他人と情報交換している不思議な自分がそこにある事に気付くのである。今まで行った事の無い地方の友人からSNSで連絡があり、東京で起こった事件や出来事を彼らに伝えると、そんな些細な出来事でも十分気持ちが相手に伝わり、何だかほんのりした気分にもなれるのである。こんなやり取りで驚かされたのは、会津の福島県付近の災害であった。何時もやり取りをしている友人が偶々近くに住んでいて、詳細な災害報告をしてくれた事で、彼が今見ている状況は足元まで津波が来ていて、どうやって自宅に帰るかであった。